読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

カンタータ、希望と感謝の歌

f:id:doyoubi92724169:20170420052658j:image

カンタータBCJ巻25
Disc25
ライプツィヒ時代1724年のカンタータ
第78番『イエスよ、あなたはわが魂を』BWV78
第99番『神の業こそ、麗しい』BWV99
第114番『ああ、愛するキリスト者、慰めを受けよ』BWV114

野々下由香里(S) ダニエル・テイラー(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2003年2月14-17日

BWV78、最初の合唱から聞き覚えがあった。いつも参考にしている方の記事では名曲とべた褒め。俺も同感だが、BWV99もそれに負けない名曲だと思う。

この2曲を聴いていてキリスト教がどうのこうの等云々しないで、単に希望と感謝の音楽として聴けばいいのだと思い始めた。神はどんな逆境←例えば癌、にあっても支えてくれる希望。感謝は他力への感謝。弱く小さい人間だからこそ希望と感謝が必要。その対象は神でも仏でも他力でも過去でも未来でも何でもいい。宗教は地域、文化によって表層は異なるけれど根っ子は一つ、希望と感謝なのだ。

BWV99の2曲目レシタティーヴォ歌詞引用。

Sein Wort der Wahrheit stehet fest
まこと神の言葉は真実であり
Und wird mich nicht betrugen,
決して私を欺かない
Weil es die Glaubigen nicht fallen noch verderben last..
この言葉ゆえに、神を信じる者は倒れることも堕落することもない
Ja, weil es mich den Weg zum Leben fuhret,
その言葉はわたしを生命の道に導き入れ、
So fast mein Herze sich und lasset sich begnugen
わたしの心を捉え、満たします
An Gottes Vatertreu und Huld
父なる神の真実、慈しみ、
Und hat Geduld,
そして寛容ゆえに
Wenn mich ein Unfall ruhret.
思いもよらぬ災難が襲うときも
Gott kann mit seinen Allmachtshanden
神はその全能の御手をもって
Mein Ungluck wenden.
災厄を遠ざけてくださいます
http://bach-kreis-kobe.music.coocan.jp/text/99.html