天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

藤田嗣治展と紅葉散策

紅葉の季節になったら行こうと温めていた藤田嗣治展@京都国立近代美術館。昨日は好天に恵まれたので早起きして北回り豊能、亀岡経由で京都へ。岡崎公園駐車場に駐めて上限1300円。確か美術館割引きがあったなと駐車券を持って美術館、当たり200円引き券を貰…

ドビュッシー、武満徹

今朝もドビュッシー。チンプンカンプン「12の練習曲集」を聴きながら「ドビュッシー ガン 晩年」検索して見つけた記事を読むうちにこのアルバムの存在を知った。 ニコレ×吉野直子×今井信子 〔1〕オネゲル「フルートとヴィオラ、ハープのための小組曲」 〔2〕…

アバド「夜の歌」

目覚めて今朝もドビュッシー「12の練習曲集」をチンプンカンプン謹聴、「喜びの島」はチンプンカンプン多少緩和してもなんだかなあ。そこで次はオーケストラ、眼でも聴かなきゃとAmazonプライムビデオ略してアマプラ。 アマプラでアバド×マーラー沢山観られ…

沈黙、ワーテルロー、ハゲタカ

数日前にAmazonプライムビデオ略してアマプラにスコセッシ「沈黙」発見→gyaoレンタルせずにもう少し待てばよかったと悔やんだが気を取り直して一昨日からジムウォークBGM。 レンタルした後、原作を読んだので映画感想がどう変わるか楽しみ。ちなみにレンタル…

ドビュッシー「喜びの島」

今月の阪大ワンコインは 加藤幸子ピアノリサイタル「ドビュッシーとラヴェル:命」 https://sites.google.com/onecoinconcertforall.com/occa-japanese/%E5%8F%97%E4%BB%98%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/%E5%8A%A0%E8%97…

神戸市立森林植物園

は二度寝。矢張り疲れていたのかなあ。宝塚から六甲山道運転、神戸市立森林植物園でもだいぶ歩いたからなあ。お、19861歩だ。 夕刊の紅葉情報見頃で知って始めて行ったが、いい所だった。神社仏閣の紅葉もいいけれど自然もいい。近いから死ぬまでに何度も行…

ドビュッシー祭 第2回

ロイホ昼15%引き→府立植物園 コスモス、菊、そして桜 第2回「ベル・エポック~サロン文化とドビュッシー~」椎名亮輔(ナビゲーター/レクチャー:同志社女子大学学芸学部音楽学科教授)サロメ・アレール(ソプラノ)、永野英樹(ピアノ)、大嶋義実(フル…

白鳥の歌

ご縁でシューベルト「白鳥の歌」ライブを聴く機会を得た。こういうことでもないときちんと聴かないので昨日から謹聴予習開始。昨日はプリン・ターフェル、今日は矢張りこの歌曲集はテノールでとイアン・ボストリッジ、しかし人工的歌唱に耐えられず途中放棄…

エク京都定期

クァルテット・エクセルシオ西野ゆか・山田百子・吉田有紀子・大友肇曲目・演目:ハイドン:弦楽四重奏曲 第31番 変ホ長調 作品20-1ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調 作品59-3ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第13番 ト長調 作品106…

平均律アファナシェフ

グールド 、ヴァルヒャ、シフの平均律を何回か聴き通したので趣向を変えようとSpotify「平均律」検索したらアファナシェフが見つかった。 テンポが遅いせいか重く聴こえる。速い曲想では突き刺さってくる感もあり。グールド は遊んでいたなあと思ったりもす…

朝ドラ「まんぷく」

同居人の付き合いで以前から朝ドラは録画していたが今回の朝ドラは積極的に毎日鑑賞。「百円の恋」「かぞくのくに」などで注目していた安藤サクラ主演だからだ。共演の長谷川博己もテレビドラマで漱石を好演したのを偶々観て名前を覚え、先月はdTVで彼の主演…

Fire7内部ストレージ不足

目覚めて寝床タブレットFire7起動したら「内部ストレージ不足」メッセージ。あれえ困ったなぁ、どうしたっけと自ツィート検索 そうかそうか、リセットしか対処策は無かったんだあとリセット着手しようとして、バックアップ確認したらオフになっている。オン…

ミケランジェリのドビュッシー前奏曲集

前奏曲集予習→最初はエマール、なかなか入って来なくてポリーニ見つけたけどこれもイマイチ。そこで「Debussy prelude」Spotify検索してミケランジェリ。 これがなかなかいい。ドビュッシー曖昧模糊を打破するようなメリハリ効いたシャープな演奏。名前しか…

素粒子から素波動場へ

阪大サイエンスナイト「量子力学とエレクトロニクス」 http://doyoubi.hateblo.jp/entry/2018/10/18/053140 で参考文献として挙げられていた本 に取り組んで途中挫折。しかし著者吉田伸夫の解説切り口が面白そうなので図書館から更に借り出して「素粒子論は…

富田一樹レクチャーコンサート

富田一樹追っかけ隊 レクチャーはパイプの種類→プリンシパル、フルート、トランペットなど。ストップの機能、倍音による音色変化など。曲目詳細不明だったので予習しないで行ったがブクステフーデ 、パッヘルベル、バッハ。レクチャーにあわせて多彩な音色を…

ジム×Amazonプライムビデオ

dTVは予定通り1カ月で退会。昨日からはAmazonプライムビデオがジムウォークの友。 インドの<アインシュタインと並ぶ天才・ラマヌジャン>と英国人数学者の奇蹟と友情を描いた感動の実話 http://kiseki-sushiki.jp/info/?page_id=10 感涙する程ではなかった…

鬼門ドビュッシー前奏曲集

若気のいたりで買ってしもうたチケット→ドビュッシー祭り全3回。 第一回は予習しないで行ってもそれなりに楽しめた。次回も面倒くさいので予習無し。だが最終回は前奏曲集巻1、2全曲ライブ。この機会に鬼門少しでも克服と早々予習中。 音楽=ヒロイズム+ロ…

小津安二郎「東京暮色」

小津安二郎最後のモノクロ作品。 淡々とした展開、暗い内容にめげて途中放棄してもよかったのだが、未見小津映画なので辛抱、何日もかけて分断鑑賞。ラスト30分になってようやくドラマチック、見応えを感じた。人は皆、自分ではどうしようもない事情を抱える…

道化と聖顔とサラ

今週の日曜美術館「ジョルジュ・ルオー “聖顔”に込めた魂の救済」で拾った話。ルオー が聖顔=キリストの顔の他に道化もよく描いたのは人間皆道化、キリストも道化に降誕したから尊いと考えたから。そして信仰の証しとして聖顔を何枚も描き続けたが、教会に…

瞑想と平均律クラヴィーア曲集

毎週Eテレ「こころの時代」録画しているが今週は タイで出家した日本人僧侶プラユキ・ナラテボーさん(56)。手動瞑(めい)想を通して、「今に気づく大切さ」と、その根底に流れるブッダの教えを読み解くhttps://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=13739 面白か…

マラ9西宮交響楽団

三夜連続芸文の際に見かけたチラシ マーラー9番ライブやんかあ、どうしようかなと少し考えて、28日はヨーカ堂ハッピーデー5%引き、芸文ライブを楽しんだ後甲子園なるシナリオが閃きライブ決定。問題は駐車場、いつも使っているエディオンが土日は最大料金無…

ジュリアードQ芸文小ホール

三夜連続芸文トリ昨夜はジュリアードQ小ホール ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第3番 バルトーク:弦楽四重奏曲 第3番 ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第12番 「アメリカ」 ヴァイオリン アレタ・ズラ ロナルド・コープス ヴィオラ ロジャー・タッピング チェ…

フライブルク@芸文

一昨夜アイーダひ引き続き昨夜も芸文 フライブルク・バロック・オーケストラ 音楽監督・ヴァイオリン アンネ・カタリーナ・シュライバー ソプラノ キャロリン・サンプソン ヨハン・ベルンハルト・バッハ:管弦楽組曲 第2番 ト長調 J.S.バッハ:カンタータ「わが心…

アイーダ@芸文

自分が合唱出演したありどおろ座、南大沢市民オペラは別にすると人生2回目のオペラ鑑賞→初鑑賞は大昔トスカ@オーチャードホール。 アイーダ モニカ・ザネッティン ラダメス 福井 敬 アムネリス 清水華澄 アモナズロ 上江隼人 ランフィス 妻屋秀和 国王 ジョ…

「最強のオンナ」藤山直美

11日からジム乗換え→エニタイムフィットネス に通い出したのだが、乗り換えの理由はまずコスト。月額9千円→7300円しかも今月来月は超大幅ディスカウント←なんぼか忘れたが。プールが無いのがちょい淋しい。次に時間。前のジムは10時オープン、エニタイムフ…

般若寺コスモスと秘仏

東梅田ランチタイムオルガンミニコンサートがあるので朝食後ジム×小さな巨人第7話。帰宅して朝刊→東梅田へ。今日はバッハなし、ブラームス、フランクなど。面白かった、なんとかして復習プレイリスト作成所存。好天→帰宅するのは勿体ない、そうだ去年今頃歩…

ハイドン四季@中之島

天気がよかったので早めに中之島へ。御堂筋をぶらぶらしていたらスーパー。弁当買って中之島バラ園。 開場時間になったので公会堂へ、仰山の人やった。 テレマン55周年音楽祭 テレマンの街ハンブルクから中之島をウィーンに! https://www.nakanoshima-style…

ドラマ「小さな巨人」

今月末で一か月分だけで退会するつもりのd TV。朝ドラヒロイン夫役長谷川博己のドラマを見つけてしまった。 警視庁本庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描くエンターテインメントドラマ。 全10回中、半分消化。アホらしい突っ込みどころ満載だが、警察…

小栗康平「FOUJITA」

dヘルスケア万歩計期限限定ポイントが貯まったのでレンタル鑑賞 1920年代からフランスを中心に活躍した日本人画家・藤田嗣治の半生を、オダギリジョー主演で映画化。「泥の河」「死の棘」の小栗康平監督が10年ぶりに手がけた長編監督作で、日本とフランスの…

鬼門バルトークの聴き方

ジュリアードQ芸文予習 ベートーベン3番、バルトーク3番、ドボルザーク「アメリカ」 バルトーク予習謹聴目的で買ったチケット。だからバルトークばかり予習している、今朝で3回目、あ、もっとかな。 何度聴いても面白くならないバルトーク。そこで「バルト…