天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

アザラシヴィリ「無言歌」

日曜午後のFMきらクラ
http://www4.nhk.or.jp/kira/
を毎週録音しているが、聴くのはカーステレオだからかなりタイムラグがある。6/4放送分を今頃聴いたのだが、いささか衝撃的だったのはアザラシヴィリ「無言歌」。

介護していた父親を10日前に亡くしたというリスナーからのこの曲の再放送リクエスト。介護の合間にきらクラでこの曲を聴いてさめざめと泣いたそうだ。父親を亡くした今、もう一度聴いて泣くことで徐々に立ち直りたいとのこと。いつもは饒舌なふかわりょうがこのメッセージを淡々と読み上げて曲がかかる→なるほど名曲だ、リクエストしたリスナーの気持ちが伝わってくる。

帰宅してアップルミュージック、Spotifyを探したけれど見つからず、YouTubeにはあったが音質わるし。そこで放送録音からリスナーメッセージと曲を切り出した。たまたまご縁のある人にDVDを送る必要があったので、ダークダックス放送録音とカップリングCDにして送った。アザラシヴィリという作曲家は

ヴァージャ・アザラシヴィリは一九三六年に生まれたグルジアの作曲家で、チェロを響きの主軸に据えた楽曲が多い。作品はチェロ協奏曲やチェロ、ヴァイオリン、ピアノの編成による「夜想曲」などがあるが、中でもこの「無言歌」は指揮者の山田和樹が演奏会のアンコールで取り上げるようになってから知名度を大きく上げた。基本的には十本のチェロとピアノの編成で演奏されるが、メロディの展開とその構造が極めて単純であるため、編曲の試みもその知名度に対して決して少なくないと言える。とはいえ、グルジアという国のクラシック音楽のイメージのしづらさ(鈴木淳史「駅売り名盤を探せ!」、『クラシック・スナイパー3』所収、青弓社、二〇〇八年にはグルジアのオーケストラについてのほとんど唯一と言っていい記述があるものの)や作曲者のアザラシヴィリの音楽史上の位置づけの難しさもあり、国内でのファンの数は未だそう多くない。
http://lesamantsdutokyo.hatenablog.com/entry/2016/09/30/013920

とのこと。きらクラのお陰でいい音楽と巡り会えた。この世は須くご縁である。f:id:doyoubi92724169:20170728053912j:image

うすくち龍野醤油資料館

昨日の赤穂温泉からの帰路は一般道←龍野←行ったことがなかったので。
龍野と言えば「男はつらいよ太地喜和子龍野の風景と太地の色気。

f:id:doyoubi92724169:20170727061650j:image

太地に会える訳でもないので、うすくち龍野醤油資料館、入場料10円。うすくちは甘酒を入れて作るそうな。
http://www.higashimaru.co.jp/enjoy/museum/index.html
道の駅でそうめんを食してそのまま一般道、豊中まで、渋滞の中を我が元気を確認したり。

デジカメを持って行ったけど結局使わず。スマホで何枚か撮ってAmazonフォトにアルバムを作成した。
https://www.amazon.co.jp/clouddrive/share/wZHHI1q6g1sCmSzTDCy3l6d40kDT659iQ7RNrlWK6XP

大原美術館再訪

最初に来たのは中学生の頃、学校の旅行で連れて来て貰ったように思う。印象に残った絵はこれ、セガンティーニ「アルプスの真昼」、光が強烈だった。

f:id:doyoubi92724169:20170726052835j:image

思えば、絵の鑑賞が好きになったのは大原美術館のお陰かなあ。描くのは嫌い面倒臭い、観るのは好き、何の努力も不要だから。

f:id:doyoubi92724169:20170726052951j:image

エル・グレコ「受胎告知」、この絵も中学生当時に観てる筈だけど全く記憶がない。今回はキリスト教は壮大な虚構と改めて思った。
今回、この絵の解説で知ったのだがエル・グレコは当時あまり評価されず、再評価されるようになったのはピカソなど20世紀前衛画家によるとのことだ。その頃、大原孫三郎の資金により美術品蒐集にあたった画家、児島虎次郎のピカソ同様の炯眼によりグレコが今、倉敷にあるという訳だ。

 

社会人になってからも大原に来た記憶がうっすらあるから、美術館訪問は今回で3度目か4度目、ようやくそれなりにきちんと鑑賞出来るようになったと思う。児島虎次郎「朝顔」に水をやる少女の笑みが新鮮だった。

f:id:doyoubi92724169:20170726053108j:image

実際の絵はこの不鮮明な写真とは大違い→花と光の中の少女全身をくっきり愉しめる。

大原を観て高速道路で赤穂温泉に戻り銀波荘に投宿→温泉に浸かりながら海、小豆島家島を眺めた。料理も海を見ながら、残念なのは天候不良、ほんとは夕陽を楽しめたのに。

f:id:doyoubi92724169:20170726053158j:image 

f:id:doyoubi92724169:20170726053223j:image

耳障りやねんグールドのモーツァルト

アップルミュージックからSpotifyに乗り換えたのを機に、グールド聴き直し開始。第一弾はモーツァルトPソナタ全集→やや辛抱しつつ居眠りしつつ聴いていたが遂に放擲。

やっぱり耳障りやねん、グールドのモーツァルト
そこでPソナタ18番、試しにヘブラーで聴いてみたら具合がいい、陰影と柔らかさがあるなあ。グールドは全て棘ばかり。

かくして、ヘブラーの全集10枚組をぼちぼち聴くことにした。モーツァルトって単なる形式美やんかとバカにしてた姿勢を転換。形式美の中に人生の味を聴けるようになったのだとしておく。

f:id:doyoubi92724169:20170724050304j:image

ショーシャンクと常磐ハワイ


f:id:doyoubi92724169:20170723055938j:image元会社の同期会旅行に行ってきた。集合は0950東京駅そばのバスターミナル、朝イチの新幹線で間に合うのだが、何事も経験と夜行バス初体験7900円神姫バス3列シート。

東京駅バスターミナル着0600、待合室で時間待ちしてもよかったのだが、狭いし若い女性たちが化粧に余念がない。そこで思いついたのがファミレスドリンクバー→有楽町ジョナサンをなんとか見つけて、Amazonビデオからダウンロードしておいた映画「ショーシャンクの空に」鑑賞。モーガン・フリーマンが出ている映画にハズレ無し。「希望」がキーの名画だった。

同期会旅行はバスで常磐ハワイ、夜朝バイキング+往復バス送迎→一万円は安いなあ。家族連れで盛況。アクアマリンふくしまでトド鑑賞して東京駅→帰りは新幹線。たまには世間に混ざらんとなあ。

f:id:doyoubi92724169:20170723055920j:image

BORN AGAIN

f:id:doyoubi92724169:20170719065307j:image

カンタータBCJ巻35、この中のBWV176が異色だった。キリストとニコデモとの対話に題材をとっている。対話の核心は次の通り。

ところが、せっかく夜中に危険をおかしてやってきたニコデモに、イエスは「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」と煙に巻くようなことを言うのです。
「年を取ってから、母の胎内入ってまた生まれてくるなんて、どうしてできましょう」というニコデモの反応は、素直かつ論理的なものでした。が、イエスはそういう意味で言ったのではない、と説明していきます。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。」
(この「新しく生まれる」というのは、キリスト教のキーワードのひとつです。クリスチャンになるとは、古い自分が死んで新しい自分として生きることであり、また永遠の滅び(地獄)への人生から、永遠の生命(神の国)への人生にスイッチすることなのです。
クリスチャンの中には『Born Again』というステッカーをギターケースなどに貼っている人もいます。)
http://www.nunochu.com/bible/72_jesus/jesus007.html

要するに、神=キリストを信じない人間は単なる肉、神を信じてこそ霊=永遠のいのちを得る。そのためにはBORN AGAIN。

と、ここまで理解したところでBluetoothイヤホンのバッテリー切れ、バッテリーは切れるもの、霊なんかないのだから永遠のバッテリーもないのだ。
とはいえ、バッハは霊を信じたからこそ素晴らしい音楽を作れた。霊を信じないでバッハを愉しむ、そこが渡世人の辛いところよ。

Disc35
ライプツィヒ時代1725年のカンタータ
第128番『ただキリストの昇天のみが』BWV128
第176番『傲慢な、そして臆病なものが』BWV176
第87番『今までは、あなたがたは私の名によっては何も願わなかった』BWV87
第74番『私を愛する人は、私の言葉を守る』BWV74
野々下由香里(S) ロビン・ブレイズ(C-T) 櫻田亮(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2006年7月

グールドとアルチンボルド

f:id:doyoubi92724169:20170718062007j:image

グールドのモーツァルト全集聴楽中→今朝はソナタ11番トルコ行進曲付き。

一見、奇矯に見えるが、よく聴くと見ると何かしら真摯に訴えるものがある。

 

あると言えばアルチンボルド日曜美術館

 

細部では華麗な花々や四季折々の野菜やフルーツを描いた絵。しかし遠目に見ると人間の顔。そんな不思議な世界を描いたアルチンボルド

http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2017-07-09/31/12013/1902727/

 

一見奇態、実は真摯誠実。それは生きる喜び。