天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

内田光子モーツァルト、次はバイオリンソナタ

最近、モーツァルトをしっかり聴き直そうと考えている。そのきっかけは阪大ワンコインでモーツァルトの死生観に触れたことだ。病に倒れた父レオポルドに宛てた手紙の一節。

死は(厳密に言えば)ぼくらの人生の真の最終目標ですから、ぼくはこの数年来、この人間の真の最上の友とすっかり慣れ親しんでしまいました。その結果、死の姿はいつのまにかぼくには少しも恐ろしくなくなったばかりか、大いに心を安め、慰めてくれるものとなりました!そして、死こそぼくらの真の幸福の鍵だと知る機会を与えてくれたことを(ぼくの言う意味はお分かりですね)神に感謝しています。ぼくは(まだ若いとはいえ)ひょっとしたらあすはもうこの世にはいないかもしれないと考えずに床につくことはありません。でも、ぼくを知っている人はだれひとり、ぼくが不機嫌だとか悲しげだとか言えないでしょう。そして、この仕合わせを毎日ぼくは創造主に感謝し、隣人のひとりひとりにもそれが与えられるよう心から祈っています。
http://doyoubi.hateblo.jp/entry/2017/06/19/053057

こんなことを本気で書けるモーツァルトって凄い。人生の鑑だなぁ、こんな人間が作った音楽が空虚な形式美だけの筈がないと考え直して内田光子モーツァルトPソナタ全18曲を聴了した。

そこで今朝は内田光子ソナタ以外のピアノ曲、→幻想曲やロンド、アダージオを味わっていたらチェンバロが出て来てビックリ。そうか、アルバムの後半はコープマンのチェンバロなんだ。
モーツァルト・コンプリート・エディション - ピアノ作品集 5 (内田光子/コープマン)
http://ml.naxos.jp/album/00028947573562

コープマンには申し訳ないがチェンバロ、滑稽な響きに感じてしまったのでパス。次はバイオリンソナタを聴くことにした。

f:id:doyoubi92724169:20170824065236j:image

富田一樹追っかけ隊

f:id:doyoubi92724169:20170823064810j:imageバッハ国際コンクール優勝→富田一樹。いずみホールで凱旋コンサートを聴いたのがいつだったか→おお、四月だったか。
http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=1405
最後に弾いたパッサカリアが名演熱演、暫く忘れていたが先日何かのチラシで枚方演奏会←これはオルガンではなくて指揮。そうだ追っかけ隊やるんだと彼のHP見ると
http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=1405
なんと姫路でオルガンを弾くではないか、宝塚もあるなあ。

ということで富田一樹追っかけ隊、九月は姫路、十月宝塚、十一月枚方に出動することになった。熱演期待。

ドビュッシー弦楽四重奏曲←開眼したかな

苦手な作曲家が2人→バルトークドビュッシー。その音楽の捉えどころがよく分からないのだ。相性わるし。
ところがドビュッシー、その弦楽四重奏曲を最近たまたま二度、FM録音で聴く機会に恵まれ耳に引っかかるようになった。そこで今朝はSpotifyエベーヌQを謹聴。

f:id:doyoubi92724169:20170822055431j:image

第1楽章はなんだかふにゃふにゃしてるけど、ピチカートで始まる第2楽章、緩徐第3楽章しんみり、そして思いの丈をようやく打ち明けてくれたような第4楽章。

ということでこの作品の作られた時期など検索。

893年,ドビュッシー31才の作。ドビュッシーの評価を高める契機となった『牧神の午後への前奏曲』とほぼ同時期の1892年に着手された。循環形式をとり,重度にフランクの影響をあらわす一方で,ワグネリズムの影響を離れ,非機能和声と旋法表現に立脚した独自の語法への本格的な遷移を示す,最も早い時期の作品のひとつ。イザイ四重奏団に献呈され,同年12月に国民音楽協会定期演奏会で初演された。この演奏会では,ヴァンサン・ダンディの伴奏でウジェーヌ・イザイの弾くフランクのヴァイオリン・ソナタフォーレの『チェロとピアノのための哀歌』,ダンディの弦楽四重奏曲がそれぞれ演奏され,「主題の詩情や類稀な響きという点で,若々しいロシア」の影響がみられるとしたギ・ロパルツ(ギド・ミュジカル誌)や,「単純であると同時に複雑な,きわめて魅惑的な芸術作品」(オクターヴ・モース),「ガムランを想起させる和声の連なり」(モリス・クフラート)と評されたほか,翌年の楽譜出版に際しては,ポール・デュカからも(主に第一楽章について)高い評価を得たものの,大きな話題を呼ぶまでには至らなかった。
http://museum.fc2web.com/debussy/composition/quatuor.html

若い頃の作品だから開眼できたのかもしれないなと思いつつ、エベーヌQのアルバム、フォーレ←これも未だ未開眼、を聴いている。それが済んだらラヴェル、これは名曲だ。
ドビュッシーフォーレラヴェルのセットアルバム、ダウンロードしてオフラインでも聴けるようにしたぞ。

シマノフスキ阪大ワンコイン

昨日は阪大ワンコイン市民コンサート。5月のストラヴィンスキー
http://doyoubi.hateblo.jp/entry/2017/05/15/045205
以来、モーツァルト、JCバッハと毎月通って今月は
-★8月20日(日)デュオ・ヴェンタパーネ<白石茉奈+マルティン・カルリーチェク・ヴァイオリン・ピアノデュオリサイタル>"不思議の国のカロル・シマノフスキ
https://sites.google.com/site/concertb252/2017niankonsatosukejuru/duoventepane2017

こんな機会でもないとシマノフスキなんか聴かないなあと思いつつ予習→その文学的音楽に馴染めないまま昨日のライブ。

ライブは矢張り違う、音楽が3次元立体的に迫ってくる。白石の情感溢れるVnをカルリーチェクのピアノがきっちり下支え。最後に演奏した「神話」がスリリングだった。

f:id:doyoubi92724169:20170821062812j:image
このワンコインの良さは出演者のお話も聞けること、お二人=ご夫婦の馴れ初め、お住まいのモントリオール、「神話」で1/4音が使われていることなど為になった。

来月は
-★9月17日(日)柴田 由貴・ヴァイオリン・リサイタル <バッハとイザイ>
https://sites.google.com/site/concertb252/2017niankonsatosukejuru/shibatajp

バッハ ソナタ1番とパルティータ3番に加えて演奏会後半はイザイ無伴奏ソナタ全6曲演奏という意欲的スタミナプログラム。今朝は早速予習開始。イザイ予習なんて阪大ご縁でもないとしなかったぜよ。

モーツァルト、ヒトラー、トランプ

内田光子モーツァルトPソナタ全18曲踏破→8番イ短調KV第2楽章が最高だった。人の心はをかしとあはれ、その結晶を聴く思いがした。
ところで映画「帰ってきたヒトラー」を昨日鑑賞←先月末で退会したWOWOWで録り溜めておいた一作。
死に損なったヒトラーが現代に蘇り、ヒトラー芸人と誤解されてブレークするというお話。
http://gaga.ne.jp/hitlerisback/

ヒトラーが大衆の心を掴んでいったプロセスを垣間見る思い、そしてまたトランプ現象も想起しつつ観た。ヒトラーもトランプも大衆のナショナリズムを強く刺激する点では同様だが、大きな違いはトランプの下品さ。

トランプはアメリカンファーストと標榜しつつも本音はトランプファースト。その一例が北問題→トランプの対北強硬姿勢は余興と喋ってしまったバノンをトランプは激怒解任理。下の記事を読めばよく判る。

互いを必要とするトランプ大統領と金正恩氏 米朝関係の深層
https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/20170816-00074597/

トランプよりももっと洗練された人物が出て来ればあのアメリカがナチ化するのもあり得ないことに非ず。おおー怖。モーツァルトを聴きながらホロコーストに走ったドイツ軍人もいたからなあ。

f:id:doyoubi92724169:20170820061649j:image

シベリウス聴き比べ

シベリウス交響曲をまとめて聴きたいと思い、セーゲルスタムの全集を見つけ第1番を聴いてみたが、イマイチ味気ない。代替にサー・コリン・デイヴィス×ロンドン響を見つけて聴き比べ→セーゲルスタムよりは色気あれども整然とし過ぎている。
そこで見つけたのがネーメ・ヤルヴィ。終楽章しか聴けなかったが満足。シベリウスのデーモン乃至毒が聴きとれる。交響詩も入っている。
http://mondnacht21.blog.fc2.com/blog-entry-255.html
よし、これでシベリウスを味わうぞ。ブラームス、チャイコよりも好きやねんシベリウスフィンランディア民族主義フィルターにかけないで虚心坦懐、無思想無感情に聴くのがシベリウスf:id:doyoubi92724169:20170819060135j:image

ミホミュージアム+陶芸の森

家籠り一日中はよくないので昨日は滋賀県甲賀→ミホミュージアムへ。雪村展をやってるみたい←雪村って誰?状態だけどドライブすることに意味ありと車に乗り込んだ。

ナビで所要時間測定→一般道で2時間50分、高速使用で1時間半、暇人も少し考えたけど矢張り一般道。吹田→茨木→寝屋川→枚方京田辺→宇治田原→甲賀と辿り、山の奥、ミュージアムに到着。チケット売り場からミュージアムまでは更に500m程、電気自動車送迎もあり。

f:id:doyoubi92724169:20170818083508j:image
ルーヴル美術館ピラミッドの建築家による桃源郷をイメージした美術館
http://applembp.blogspot.jp/2014/07/MIHO-MUSEUM-Ieoh-Ming-Pei-Japan.html?m=1

なるほどモダンな建物だ。熱海MOA美術館と同種雰囲気あり←どちらも新興宗教がバック。
雪村展を勉強しながら見物、常設展示のガンダーラ仏像もよかった。

近くの信楽陶芸の森に寄って帰宅。

f:id:doyoubi92724169:20170818083541j:imagef:id:doyoubi92724169:20170818083600j:image
またいつか、今度は暑さを避けて陶芸の森散策所存。社会科ドライブ美術見物ちょっぴり体育の1日だった。