天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

春愁や毎日俺はテレビっ子

新型コロナを半分口実にしてジム通い休止中。無聊の慰みに


大河ドラマの最高傑作と考える「篤姫」再度鑑賞中←脚本はバッハ好きの田渕久美子


完璧純粋な音楽に触れて「私にはそんな真似は出来ない、バッハやグールドではないんだもの」と「投げやり」に開き直れた田渕久美子。そういえばテレビ番組「ガイロク」で完璧な子育てノイローゼに陥った女性がダンナの「そんなに無理すんなよ」ひとことで目が覚めた話もあったなあ。


そして今朝は
読売新聞グループのトップ、渡辺恒雄氏(93)への独占インタビューが実現した。70年にわたって日本政治の実像を見つめ続けてきた渡辺氏。「昭和編」となる今回は、吉田茂政権から中曽根康弘政権に至るまで、その知られざる舞台裏が赤裸々に語られる。派閥の領袖たちの激しい権力闘争の虚実。日本外交の秘史。証言ドキュメントで戦後日本の歩みをたどる。インタビュアー・大越健介

渡辺の座右信条はカントと知って驚いた。


〈それを考えることしばしばにしてかつ長ければ長きほど常に新たにして増し来る感歎と崇敬とを以って心を充たすものが2つある。それはわが上なる星の輝く空とわが内なる道徳律とである〉
 これはカントのあらゆる言葉の中で最も文学的かつ情緒的な一節です。僕はこの言葉を暗記していますが、常にコピーを手帳に挟んで持ち歩いています。

見かけだけで人を判断したらアカンなあ。渡辺恒雄は単なる政治記者にあらず。カントのこの言葉を座右にして生き抜いた人や。お陰で「わが上なる星の輝く空」はサムシンググレイト→卑小なる自己の認識、「わが内なる道徳律」は魂の虚実の判断律との思いに至った。
テレビっ子で過ごす毎日、有難い事である。

f:id:doyoubi92724169:20200308100439j:image

手も足も出ず静観

昨日は家から一歩も出ずテレビっ子。今日もジム回避、昼飯と買い物だけは外出する。

f:id:doyoubi92724169:20200306065251p:image

底値を見たと思いたいけどそれは希望的観測かも。相場は人間力鍛錬としておこう。

二月堂修二会見物

昨日は朝から奈良へ。東大寺ミュージアムで講座を聴いた後に小雨降り続く中、二月堂へ←この歳になってようやく初参内。


焼き尽くせ我が煩悩をとの思いで見物したのだが
北河原公敬長老がお水取りの歴史や行の内容について話す。元朝日新聞編集委員の岸根一正さんの案内で境内を散策し、夜はお松明(たいまつ)を見学した後、練行衆(こもりの僧)の声明(しょうみょう)を聴く。
 午後1~9時(休憩あり)。定員40人。受講料は会員6912円、一般7344円。問い合わせ、申し込みは朝日カルチャーセンター中之島教室(06・6222・5224)。

新型コロナのお陰でスケジュール変更→声明を聴く機会を失った残念。受講料6912円勿体ないなどなど煩悩ばかり。
しかし、
「お水取り」は、12日後夜の五体の途中で勤行を中断してはじまる。「お水取り」の行列は灑水器と散杖を携えた咒師が先頭となり、その後に牛玉杖と法螺貝を手にした北二以下五人の練行衆が続く。

お水取りは修二会の中の特別な1日であることを知ったし、

二月堂の隣、法華堂の秘仏開扉が12月16日であることを知ったのでよしとする。
煩悩は生涯の友お水取り
 f:id:doyoubi92724169:20200305055323j:image

リヒテル・プレイズ・バッハ(4CD)

f:id:doyoubi92724169:20200303041930j:image

リヒテル・プレイズ・バッハ(4CD)

リヒテル晩年の素晴らしい演奏を、良好な音質で次々にリリースして話題になったストラディヴァリウス・レーベルからバッハ・ボックスの登場です。フル・プライスだったアルバムをまとめてお買得な価格になっています。1991年、トゥールーズほかでのステレオ・ライヴ録音。

J.S.バッハ
ソナタ ハ長調 BWV966
ソナタ ニ長調 BWV963
ソナタ ニ短調 BWV964
カプリッチョ ホ短調『ヨハン・クリストフ・バッハをたたえて』BWV993
・4つのデュエット BWV802-805
・イギリス組曲第1番 BWV806
・イギリス組曲第3番 BWV808
・イギリス組曲第4番 BWV809
・イギリス組曲第6番 BWV811
フランス組曲第2番 BWV813
フランス組曲第4番 BWV815
トッカータ ニ短調 BWV913
・幻想曲ハ短調 BWV906
 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)

北野天満宮梅見

昨日は政府呼びかけを口実にジムサボ。


実際に複数人への感染が起きたとみられる場所は以下の通りだ。
・スポーツジム
・屋形船
・ビュッフェスタイルの会食
雀荘
・スキーのゲストハウス
・密閉された仮設テント
厚労省はこれらの施設の具体的な場所や感染者数は公表していない。
ただ、スポーツジムに関しては、少なくとも千葉県市川市のジムで複数の利用者が感染したことがわかっている。

そこで北野天満宮梅見←三度目ぐらいかな。

f:id:doyoubi92724169:20200303034638j:image

梅苑入園料茶菓付き千円なれども駐車場無料でバランスよし。人出も多くなく馥郁たる梅が香を味わいつつ観梅。あと何回、梅を楽しめるか、人出少なき北野天満宮シーズンは滅多になき好機などと感慨。
小便や梅を横目にひとしずく 
憶ひ遣る昔はあらず夜の梅 
白梅やなべて昔は美しく


今日もジムサボ巣ごもり所存。
この女性看護師が2月15日に大阪市都島区の「大阪京橋ライブハウスArc」で行われたライブに参加していたということです。女性は当時、マスクをつけていなかったということです。

身近になって来たなあ、不要不急ジムで感染するのはくわばら。
ところで相場、ダウ反発→含み損201227に減少するも厳に手を出すべからず。銭が欲しくて相場してるのではない、人生全て勉強。
 

なんとか耐えている

今週の最初のNY急落を受けて始めたFCDダウ、
証拠金30万を積んで28230を一枚=100倍買うてもたがな。ところが続落暴落。

f:id:doyoubi92724169:20200229070231p:image
証拠金を60万に積み増してなんとか耐えているが今日も続落。


来週相場、下げ止まりに期待。今朝は平均律クラヴィーア曲集ショスタコ弦四などを聴きながらチャート、ニュース、ツイッターを見ていた。これで底値、来週下げ止まり期待。

f:id:doyoubi92724169:20200229070306p:image

 

無=潔さへの旅

昨日はブルックナー9番ジュリーニに出会ったので今朝はマーラー 9番ジュリーニ


終楽章を聴きつつ思う→マーラーにあってブルックナーにないものは諦念諦観。ブルックナーは神の赦しそして天上の喜びを歌うがマーラーには神の赦しも天上の喜びもない。あるのは諦念諦観→もっと生きたかったなのかこれで終わりなのはやむを得ないなのかわからないけどとにかく諦念諦観。ベートーベン後期弦楽四重奏に通ずるものがある。


なあんてエラソーな能書きする柄ではないな。そこでバッハ。

f:id:doyoubi92724169:20200228062700p:image

平均値クラーヴィア曲集第二巻からハ長調ハ短調。ここには何の自己主張もない。言わば潔い音楽だ。そういえば小津安二郎の墓碑銘は「無」。


北鎌倉・円覚寺小津安二郎の墓があることは、様々なガイドブックにでている。しかしこれまで訪問したことはなかった。いや、鎌倉や北鎌倉には何度も行っているのに、円覚寺じたい、参詣したことがなかったのだ。小さな浄智寺東慶寺には何度も行っているのに。そこで今回、時間をみつけて行ってみた。墓は、有名な「無」墓である。墓石に一字「無」とあることで有名なのだ。ずいぶんと哲学的で閑寂な趣を予想していた。しかしちょっと予想とは違って、墓場じたいも、なんだか明るく、墓石も新しくみえた。おまけに隣の墓が「真」その隣が「寂」の一字墓だ。無墓が、他の墓と断絶して孤高の趣を発しているという予想とは、ちょっと違った。円覚寺の宗派では、このような一字に凝縮するのが、それほど異質なことではないのかもしれない。

小津安二郎もバッハも潔い。人生は無=潔さへの旅かもしれない。