読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

今日の句会準備

リセットの効かぬ人生杏咲く
愛すれど信じはしない春の虎
昔々男ありけり春ショール
老人で流行るリハビリ風光る
読みかけの恋愛小説春愁
春めくや新幹線に昼の酒
マッチ箱並ぶ郊外春一番
暮れ残る銀座三丁目バレンタイン

 

「野火」4月号投句

淡き灯や操車場跡冬深し
春隣駅デパートの京言葉

日脚伸ぶ大福耳福豚まんぢゆう
牡丹雪いろはにほへと
金閣寺
青空にお似合ぴな君白き梅
成仏も救ひも要らず春立ちぬ
ハルカスの立春大吉浪速っ子
山笑ふ自然に還る無数の死
草萌ゆる音の浄土の交響詩
紀元節愛の妙薬飲み干しぬ

今日の句会準備

春を待つ土産物屋の京言葉
牡丹雪いろはにほへと金閣寺
バス旅や雪の京都の寺社めぐり
等持院夢窓国師の雪の庭
淡き灯の操車場跡冬深し
バスを待つ雪の重さに耐えながら
東京のラルゴアダージォ雪の朝

 

 

「野火」3月号投句

新年の誓ひたちまち酒となり
伊豆七島男心の初景色
にぎやかに猫派犬派の初句会
幸せのウォッシュレットや初日の出
山眠る上沼恵美子高笑ひ
寒晴や発禁雑誌路上市
朋なくて明大前の寒の月
星屑のひとときの旅年忘れ
スーパーにブーケの並ぶクリスマス
毎日が日曜なれど風邪休暇

今日の句会準備

◯にぎやかに猫派犬派の初句会
◯幸せのウォッシュレットや初日の出
◯新年の誓ひたちまち酒となり
◯寒に入る生意気女泣き黒子
◯浅草へミサロ短調初詣
伊豆七島男心の初景色
初富士やこの世あの世と生くる夢
慎ましく我は我なり年用意
◯山眠る上沼恵美子高笑ひ
◯大仏や平成天皇誕生日

 

「野火」2月号投句

冬の夜の淋しく語る人生論
◯三島の忌四百円の三色ペン
ナンプレに遊ぶシニアや三島の忌
◯小春日や人類帰るサバンナへ
◯竹馬やツルゲーネフの文庫本
◯人生訓聞かされてゐるおでんかな
◯寒晴れや聖母マリアが街を行く
ゆるやかに葉を落としゆく冬紅葉
富士に笠紅葉に人や高尾山
◯煩悩の世の片隅に冬の月
◯神無月タワーマンションまたひとつ
読めぬ書をつくづく眺む冬籠
◯妻と飲む夜明けの珈琲初時雨
冬に入る寡黙役者の一回忌
◯日記買ふ裏口悪口裏話
◯いのち一つ灯明一つ冬の旅

今日の句会準備

兼題は「裏、灯、葉」

富士に笠紅葉に人や高尾山
煩悩の世の片隅に冬の月
神無月タワーマンション林立す
読めぬ書をつくづく眺む冬籠
妻と飲む夜明けの珈琲初時雨
冬に入る寡黙役者の一回忌
日記買ふ裏口悪口裏話
いのち一つ灯明一つ冬の旅