天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

藤田嗣治展と紅葉散策

紅葉の季節になったら行こうと温めていた藤田嗣治展@京都国立近代美術館。昨日は好天に恵まれたので早起きして北回り豊能、亀岡経由で京都へ。岡崎公園駐車場に駐めて上限1300円。確か美術館割引きがあったなと駐車券を持って美術館、当たり200円引き券を貰って気分よく鑑賞開始。

f:id:doyoubi92724169:20181117063043j:image

サイパン島 同胞臣節 全うす』
https://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/47bd5f26c0597e7e6168abc9dc338d5a


戦争画は暗い、見方によっては反戦的ともとれる、軍部に文句を言った奴はいなかったのかと思いつつ次へ進んだら「カフェ」

f:id:doyoubi92724169:20181117063106j:image

が明るく輝いて見えた。そして藤田は戦争画責任を彼一人に押しつけた日本に嫌気がさして渡仏、日本にはもう帰らず仏国籍取得、カトリックに帰依する。「二人の祈り」

f:id:doyoubi92724169:20181117063143j:image

画家と君代夫人が生涯身近に置いていた思い入れの深い作品である
http://www.franchise-ken.co.jp/wp/beauty/%E6%AD%BF%E5%BE%8C%EF%BC%95%EF%BC%90%E5%B9%B4%E3%80%80%E8%97%A4%E7%94%B0%E5%97%A3%E6%B2%BB%E5%B1%95%EF%BC%88%EF%BC%95%EF%BC%89%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93/


たっぷりの作品を観て2時間満腹して美術館を出て南禅寺に向かって歩く。外人観光客向けのホテル発見、ランチ。Wi-Fiがあるので君代夫人検索。

f:id:doyoubi92724169:20181117063228j:image

フジタと君代が婚姻関係を結んだのは東京滞在中の1936年、フジタ50歳、君代25歳。日本橋の料亭で仲居をしていた君代をフジタが見初めた。親子ほど年の離れた君代夫人をフジタはかわいがり、彼が先立つまでの30年以上の月日を、ふたりはフジタ自身の言葉によるならば、「夫婦一身同体」となり連れ添った。
https://webfrance.hakusuisha.co.jp/posts/999
そのうち藤田嗣治解説、伝記本読もう。ドビュッシー同様、その作品よりも人生に興味を持った。
人の一生とりわけ晩年を思いながら無鄰菴、南禅寺永観堂を歩く。どんな紅葉に出会えるやろか永観堂

f:id:doyoubi92724169:20181117063310j:image

美術館に戻り1日に何回でも観られるので軽く展覧会一周復習。午後から曇ったけれどいい一日になった。

f:id:doyoubi92724169:20181117063401j:image

無鄰菴ではBBCが撮影。カップルを撮っていた。

ドビュッシー、武満徹

今朝もドビュッシー。チンプンカンプン「12の練習曲集」を聴きながら「ドビュッシー ガン 晩年」検索して見つけた記事を読むうちにこのアルバムの存在を知った。

ニコレ×吉野直子×今井信子

f:id:doyoubi92724169:20181116044105j:image

〔1〕オネゲル「フルートとヴィオラ、ハープのための小組曲

〔2〕デニーソフ「フルートとヴィオラのための二重奏曲」

〔3〕武満徹「アルト・フルートとハープのための『海へⅢ』」

〔4〕ブリテンヴィオラとハープのための『ラクリメ』 ー ダウランドの歌曲の投影」

〔5〕ドビュッシー「フルートとヴィオラ、ハープのためのソナタ

〔6〕武満徹「フルートとヴィオラ、ハープのための『そして、それが風であることを知った』」


まずドビュッシーを聴く。先日のドビュッシー祭ライブで初めて聴いて、今朝は2回目。そしてアルバムの最初から、今は武満徹。肉感的なフルート低音とビオラを愉しむアルバムと感じてる。チンプンカンプンでなくてよかった。

アバド「夜の歌」

目覚めて今朝もドビュッシー「12の練習曲集」をチンプンカンプン謹聴、「喜びの島」はチンプンカンプン多少緩和してもなんだかなあ。
そこで次はオーケストラ、眼でも聴かなきゃとAmazonプライムビデオ略してアマプラ。

f:id:doyoubi92724169:20181115053834j:image

アマプラでアバド×マーラー沢山観られたのに削減されて今では3、6、7のみ残念。今のうちにこの3曲消化しておこうと発念。3番は一番イモっぽい7番、ドビュッシーのおかげでなんだかなあ感が薄れた。神は細部に宿る。全体がどうのこうのなどと考えず、音楽のメッセージなどもどうでもよい。細部を楽しめば良いとようやく気づいた。ありがとうドビュッシー

f:id:doyoubi92724169:20181115053900j:image

昨日の朝はジム無人。気分よくウオーク×スコセッシ「沈黙」。今朝はマラ3にするか。
 

沈黙、ワーテルロー、ハゲタカ

数日前にAmazonプライムビデオ略してアマプラにスコセッシ「沈黙」発見→gyaoレンタルせずにもう少し待てばよかったと悔やんだが気を取り直して一昨日からジムウォークBGM。

f:id:doyoubi92724169:20181114053206j:image

レンタルした後、原作を読んだので映画感想がどう変わるか楽しみ。ちなみにレンタル鑑賞の感想は下の程度。


よき映画を観たらネット検索→下は「スコセッシ 沈黙 神 心の中」検索して見つけた記事だ。
http://doyoubi.hateblo.jp/entry/2018/02/12/103527


そして午後はいつものテレビっ子。NHK杯将棋の前座、途中で止めるつもりだったのに最後まで見てしまった映画「ワーテルロー」イタリアソ連合作。

f:id:doyoubi92724169:20181114053243j:image

現代の戦争に比べると比較にもならないが戦争は悲惨。見知らぬ者同士が何故殺し合いをせねばならぬのか。

f:id:doyoubi92724169:20181114053312j:image

そして昨日のトリはNHK版ハゲタカ。カネなんかタダの紙切れやんかとはいうもののカネの切れ目が縁の切れ目。共感乃至共生と希望なる美しいエンディングに仕上げていた。映画版ハゲタカもアマプラにあるのでそのうちジムウォークBGMしよう。
 

ドビュッシー「喜びの島」

今月の阪大ワンコインは

加藤幸子ピアノリサイタル「ドビュッシーラヴェル:命」

https://sites.google.com/onecoinconcertforall.com/occa-japanese/%E5%8F%97%E4%BB%98%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%B9%B8%E5%AD%90%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AB

ドビュッシー前奏曲集から何曲か、12の練習曲集からも何曲か最後が「喜びの島」、そしてラヴェルクープランの墓」「ラ・ヴァルス」という濃ゆいプログラム。

前奏曲集は今、意固地予習中だからいいとして練習曲集は初聴。そこで内田光子のアルバム

f:id:doyoubi92724169:20181113052755j:image
を見つけて何回か聴いたがチンプンカンプン。そういえばドビュッシーには名言があったなあなんだっけと「ドビュッシー 音楽 リズム 和声」検索したら「喜びの島」の画期的理解につながる記事発見。


小坂:よく分かるなぁ。僕も《喜びの島》が苦手なんです。やっぱりその理由は、俊郎さんが仰ったみたいに、エネルギーの放出みたいなものが気持ち悪い。いつか杉本秀太郎氏が日経日曜版のエッセイでこの曲の事を「男の欲望とその成就」と直截かつ涼やかに書いていらして、流石に大家だと唸ってしまいましたが(笑)

https://rohmtheatrekyoto.jp/columns/49153/


そうか、ドビュッシーの音楽は肉感的に受け止めるべきなんだ、まさに命だと思い至った次第。ちなみに探そうとしたドビュッシー名言は「ドビュッシー 名言」検索で簡単に見つかった。

 

音楽は色彩とリズムを持つ時間とからできている。

http://www.pt-hamamoto.biz/index.php?1302

神戸市立森林植物園

二度寝。矢張り疲れていたのかなあ。宝塚から六甲山道運転、神戸市立森林植物園でもだいぶ歩いたからなあ。お、19861歩だ。

f:id:doyoubi92724169:20181112065147j:image
f:id:doyoubi92724169:20181112065152j:image

夕刊の紅葉情報見頃で知って始めて行ったが、いい所だった。神社仏閣の紅葉もいいけれど自然もいい。近いから死ぬまでに何度も行くかも運転出来る間は。


 

ドビュッシー祭 第2回

ロイホ昼15%引き→府立植物園

コスモス、菊、そして桜

f:id:doyoubi92724169:20181111062138j:image
f:id:doyoubi92724169:20181111062142j:image

第2回「ベル・エポック~サロン文化とドビュッシー~」
椎名亮輔(ナビゲーター/レクチャー:同志社女子大学学芸学部音楽学科教授)
サロメ・アレール(ソプラノ)、永野英樹(ピアノ)、
大嶋義実(フルート)、福井麻衣(ハープ)、石川静(ヴァイオリン)、細川泉(ヴィオラ
【プログラム】
フォーレヴェニスの5つの歌
ラヴェルシェエラザード
ドビュッシー:ビリティスの3つの歌
フォーレ:塔の中の王妃
イベール:2つの間奏曲
サン=サーンス:ヴァイオリンとハープのための幻想曲
ドビュッシー:フルートとヴィオラ、ハープのためのソナタ
https://www.kyotoconcerthall.org/debussy2018/


隣席は第一回と同じおばさん、熱烈拍手する人。通し券を買ってるようで次回も同席する。質問されたので、歌曲集では曲毎に拍手しない方が良いと講義したら先生と言われるようになった。
予習もせず録にプログラムも読まなかったので休憩時に明るいロビーでプログラム精読。鬼門フランス音楽ライブを楽しめた。
次回最終回は前奏曲集←意固地予習中。

f:id:doyoubi92724169:20181111062248j:image