天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

和子の告白 その1

なんとか幸せ掴んだかなあ

高校以来の無二の親友、幸代の作戦に乗せられて成功^_^
あの同学年会の夜、酔い潰れた龍彦を膝枕に乗せて、そのあと、行くところまで行ってしもたわ。もうこんな歳やからお互い、満足するデキではなかったけど欲を言えばキリがない。なにより大切なのは心の平安と幸せ。今は龍彦の住んでいたUR賃貸で穏やかな二人暮らし。

そもそもの始まりは私の勤めがそろそろ限界に差しかかってきたこと。30で離婚してそれからずっと保険のおばちゃん、65の定年の後は嘱託で雇用継続してもろたけど契約がだんだん取れなくなってきた。認知症もあるかなあ。
そんなことを幸代の店で話していたら、あの龍彦が東京から関西に戻ってきたっていうのよ。

龍彦がウチのことを好いとるんは知っとったんよ。そんなん雰囲気でまるわかり。アクションして来るかなあと密かに期待してたけどなあんにも無し、あの意気地なし。高校卒業で無限遠距離に離れてしもた残念。

その意気地なし龍彦が近くに戻ってきて、しかも奥さんを癌で三年前に亡くして一人暮らしとはカモネギよと幸代が囁くのよ。保険の会社にも客にも幸代の店に来るオトコもロクなのはいないからモノにしょとウチも思た。
そこからはその道のプロ幸代の作戦。放ったらかしにしていた同窓会名簿にメアドだけ載せて待っていたらしめしめ、龍彦から54年ぶり突然メール。簡単な返事だけして後は神の沈黙作戦。焦らせば焦らせるほど燃えるってホントやね。

同学年会の夜にご褒美をあげたら後はトントン拍子。ウチは優位性を保ったまま同棲生活。

ホントを言えばあたしは他人が嫌い自分大好き自己愛一番。蓄えも少々あるから、ずっとお一人様でもええと考えてた。そこへ親譲りアルツハイマー発症、お一人様が不安になったのもあるし、優しいオトコが生活上も欲しくなったな正直。ご縁やったね龍彦。
でも作戦のことは龍彦には絶対に明かさへん。財布は一つ心は二つ、お互いに相手をリスペクトして適切な距離を保つ、それがシアワセの秘訣。

f:id:doyoubi92724169:20200703054744j:image

処女作「54年目の初恋」

突然のメールでびっくりさせてごめんなさい。覚えてますか、龍彦です。小学中学高校と同級、同学年だったあの龍彦です。

同窓会名簿にメアドを見つけて早速メールしました。何年ぶりかなあ、そうや、54年ぶりや。そやけどまだ昨日のことのように覚えてるよ、小学5年6年と同じクラスの時以来、ひとことも話したことはなかったけど。

就職してからずっと東京やったけど、5年前から豊中で暮らしています。子どもがいないので骨を拾ってくれるのは年の離れた妹だけ。そんなこともあって関西に戻ってきたんや、ダメ虎のゲームもテレビ観戦できるし、機嫌よう暮してます。
年に一度の高校の同学年会にも毎年、出席してます。いつか逢えるかなあなどと妄想してるんやけど。

初めてメールで長くなったら嫌われそうなんでこのへんにしときます。よかったら返信ください。ほんと久しぶりやなあ、ごめんねビックリさせて。ではではよろしく。


返信来たああ(^ν^)

わあい、返信ありがとう。ひょっとして来ないかもなどと思っていたので喜びひとしおです、嬉しい。
「メールありがとうございます。それなりに暮らしています」という簡素な返信やったけどとにかくも嬉しい。覚えてくれていたのがホントに嬉しい。

あ、嬉しいを3回も書いてもたね。嬉しさついでにええい、書いてまえ。

実は27で見合い結婚した連れ合いを3年前に癌で亡くしました。突然でした。一人暮らしにようやく慣れたけど70を過ぎてさみしさがつのります。5年前に越して来た団地に知り合いもなく、読書と音楽とテレビで徒然を紛らしています。
そこで厚かましいお願い。一度、電話くれませんか。携帯番号は090××××××××です。
一度、声を聞いたらそれで満足です。あの頃の甘酸っぱい思いが甦ればそれでええんや、ごめんな、頼む。


沈黙の和子

あれから1か月経った。電話どころかメール返信も来ない、沈黙の和子。
どうしたんやろ、いきなり「一人暮らしでさみしい」なんて書いたんでヒビってるんやろか。何回メールしても梨の礫。同窓会名簿には住所も電話番組もなく、あるのはメアドだけ。
困り果てて俺は幸代に電話した。高校時代は親しくなかったが年に一度の同学年会に行って言葉を交わすようになった、スナックをやってるから事情通かもしれん。

アホやなあアンタ、54年ぶりの突然メールでなんでそんな事をいきなり書くのよ、下心見え見えやんか、この助平ドアホ。まずはどこかの美味しいイタ飯でも誘うのよ、オンナは食い物で釣るのが一番。

散々に言われたけどそれなりに調べてくれることを約束してくれた。再来週は同学年会、できるなら是非来てくれと伝えてくれとも頼んだ。逢えるかなあ逢えんやろかなあ。


同学年会

幸代からも何の連絡がないまま来てしもた同学年会当日。50人ぐらい集まっていたけど幸代も来ていない。幹事に訊いたら都合わるく欠席とのこと、ついでに和子のことも訊ねたらニタっと笑って何にも連絡ないけど当然に来ないという。なんでニタっと笑うねんこいつ、幸代め何か喋ったな。

そんなことで怒ってもしゃあない、グッと我慢してまずビール、立て続けに二杯。飲むほどに自己嫌悪→ああ、なんであんなにせっかちに書いたんや、「一人暮らしがさみしい、電話くれ」なんて。思えば60年近く喋ったことはないんやで、彼女が俺のことをどう思ってるか何にもわからないのに、あ、嫌われてたんや俺は。と、ワイン、日本酒、焼酎を手酌て重ねてしもた。

いつしか宴はカラオケ大会に。誰かがサザンを歌い出した。

その歌詞が引っかかってしもた。


幸代に「下心見え見え」と言われたもんなあ。思えば俺の人生、下心ばっかりやった。何をするのも下心、明日のために今日は我慢と努力。大切なのは「いま、ここ」なのにそれを見逃して明日のために今日は下心。せっかく初恋の彼女に逢える、口をきけるチャンスか来たのにフイにしてもた、アホやあ下心。

いつしか俺は眠ってしまった。気づくともう誰もいない。いや、誰かの膝枕。わあー、そこに居たのは和子、彼女やった。和子は艶然と微笑んだ、そして「起きた?」と口を開いた。

f:id:doyoubi92724169:20200703030525j:image
f:id:doyoubi92724169:20200703030531j:image

54年目の初恋 最終回

同学年会

幸代からも何の連絡がないまま来てしもた同学年会当日。50人ぐらい集まっていたけど幸代も来ていない。幹事に訊いたら都合わるく欠席とのこと、ついでに和子のことも訊ねたらニタっと笑って何にも連絡ないけど当然に来ないという。なんでニタっと笑うねんこいつ、幸代め何か喋ったな。


そんなことで怒ってもしゃあない、グッと我慢してまずビール、立て続けに二杯。飲むほどに自己嫌悪→ああ、なんであんなにせっかちに書いたんや、「一人暮らしがさみしい、電話くれ」なんて。思えば60年近く喋ったことはないんやで、彼女が俺のことをどう思ってるか何にもわからないのに、あ、嫌われてたんや俺は。と、ワイン、日本酒、焼酎を手酌て重ねてしもた。

 

いつしか宴はカラオケ大会に。誰かがサザンを歌い出した。

その歌詞が引っかかってしもた。


幸代に「下心見え見え」と言われたもんなあ。思えば俺の人生、下心ばっかりやった。何をするのも下心、明日のために今日は我慢と努力。大切なのは「いま、ここ」なのにそれを見逃して明日のために今日は下心。せっかく初恋の彼女に逢える、口をきけるチャンスか来たのにフイにしてもた、アホやあ下心。

 

いつしか俺は眠ってしまった。気づくともう誰もいない。いや、誰かの膝枕。そこに居たのは和子、彼女やった。和子は艶然と微笑んだ、そして「起きた?」と口を開いた。

 

54年目の初恋 その3

沈黙の和子

あれから1か月経った。電話どころかメール返信も来ない、沈黙の和子。
どうしたんやろ、いきなり「一人暮らしでさみしい」なんて書いたんでヒビってるんやろか。何回メールしても梨の礫。同窓会名簿には住所も電話番組もなく、あるのはメアドだけ。
困り果てて俺は幸代に電話した。高校時代は親しくなかったが年に一度の同学年会に行って言葉を交わすようになった、スナックをやってるから事情通かもしれん。

 

アホやなあアンタ、54年ぶりの突然メールでなんでそんな事をいきなり書くのよ、下心見え見えやんか、この助平ドアホ。まずはどこかの美味しいイタ飯でも誘うのよ、オンナは食い物で釣るのが一番。

 

散々に言われたけどそれなりに調べてくれることを約束してくれた。再来週は同学年会、できるなら是非来てくれと伝えてくれとも頼んだ。逢えるかなあ逢えんやろかなあ。

 

返信来たああ(^ν^)暇太郎その2

わあい、返信ありがとう。ひょっとして来ないかもなどと思っていたので喜びひとしおです、嬉しい。
「メールありがとうございます。それなりに暮らしています」という簡素な返信やったけどとにかくも嬉しい。覚えてくれていたのがホントに嬉しい。

あ、嬉しいを3回も書いてもたね。嬉しさついでにええい、書いてまえ。

実は27で見合い結婚した連れ合いを3年前に癌で亡くしました。突然でした。一人暮らしにようやく慣れたけど70を過ぎてさみしさがつのります。5年前に越して来た団地に知り合いもなく、読書と音楽とテレビで徒然を紛らしています。
そこで厚かましいお願い。一度、電話くれませんか。携帯番号は090××××××××です。
一度、声を聞いたらそれで満足です。あの頃の甘酸っぱい思いが甦ればそれでええんや、ごめんな、頼む。

起承転結→その4で終了予定。エンディングも思いつきました。

親愛なる和子さんへ 暇太郎通信その1

突然のメールでびっくりさせてごめんなさい。覚えてますか、暇太郎です。小学中学高校と同級、同学年だったあの暇太郎です。
同窓会名簿にメアドを見つけて早速メールしました。何年ぶりかなあ、そうや、54年ぶりや。そやけどまだ昨日のことのように覚えてるよ、小学5年6年と同じクラスの時以来、ひとことも話したことはなかったけど。
就職してからずっと東京やったけど、5年前から豊中で暮らしています。子どもがいないので骨を拾ってくれるのは年の離れた妹だけ。そんなこともあって関西に戻ってきたんや、ダメ虎のゲームもテレビ観戦できるし、機嫌よう暮してます。
年に一度の高校の同学年会にも毎年、出席してます。いつか逢えるかなあなどと妄想してるんやけど。
初めてメールで長くなったら嫌われそうなんでこのへんにしときます。よかったら返信ください。ほんと久しぶりやなあ、ごめんねビックリさせて。ではではよろしく。

 

カルヴァンの救済予定説

相変わらずKindle Unlimitedフリー読書満喫中。今朝は
を読んでいたら、カルヴァンの予定説に出会った。

さて、神は全知全能なので、誰を救済し誰を救済しないか、天地創造の初めから知っていたはず。言い換えれば、誰を救済し誰を救済しないか、あらかじめ決めていたはず。「神は人間の言動をみて、いろいろ考えたり考え直したりし、最後の審判のときにやっと誰を救済するか誰を救済しないかを決める」のではない、と考える。人間の言動は、神の救済を左右することができない。この点を強調するために、救済はあらかじめ決まっているという、救済予定説に立つのです。

あ、これは昨日、俺が書いた

信じる者は救われるなどというけれど、これは論理的にあり得ない。何故なら、信じる信じないは人間の行為。一方、救う救わないは神の行為。人間の行為によって神の行為が決まることになり、神の絶対性に反するからだ。

の延長線上の説ではないか。そうか、神の絶対性を徹底するとカルヴァンに行き着くんだ。昔、学校で習って救済予定説なんかアホかいなと思ったけど、最後の審判を信じれば救済予定説は至極真っ当な考えなんや。全知全能絶対の神も最後の審判も信じへんけど。

そして橋本大三郎はこう続ける。

第二は、これと関連して、徹底した人間不信。これは、神に対する信頼の裏返しです。救済予定説は、誰が救われ誰が救われないか、神だけが知っている(人間は知ることができない)と考える。そこで、どんなに尊敬されている人間も、どんなに地位や名誉や富のある人間も、救われていないかもしれない(邪悪な存在かもしれない)ことになる。ゆえに、どんな人間のことも、ほんとうの意味では信頼しないのが正しい。個人主義を徹底する結果、人びとは、心から信頼できる共同体をつくることができなくなって、せいぜい条件つきの機能集団(アソシエーション)しかつくれなくなるのです。

全てのキリスト教徒がこうではないやろが、キリスト教の根っこに神への絶対信頼→人間不信があるかもしれんな。和をもって尊しとする日本とは根本がちゃうで。だから、

 これが日本だと、「そんなことをすると、お巡りさんが来ますよ」「みんなに笑われるでしょ」などと言う。アメリカではどの親もこんな言い方はしません。こういう考え方が存在しないからです。そのかわり、なにかというとGodが出てくる。一日に、百回以上口にするのではないか。

何かあれば村八分→苛めに遭う社会と、全ては神意→最後の審判なる脅しが根本にある社会とどちらがええか。脅しは怖い、苛めに遭わなくてシアワセやったと思う朝である。
ついでにこの本から豆知識コピペ。