読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

死に喜びを見いだす境地には?

カンタータBCJ巻21復習
Disc21
ライプツィヒ時代1724年のカンタータ
第65番『彼らはシェバからやって来る』BWV65
第81番『イエスは眠りたもう、私の望みはどこにあろうか』BWV81
第83番『新しき契約の喜びの時よ』BWV83 
第190番『主に向かって、新しき歌を歌え』BWV190(復元稿)
ロビン・ブレイズ(C-T) ジェイムズ・ギルクリスト(T) ペーター・コーイ(Bs)
録音:2002年2月

BWV83と190が面白い。83はこの世を厭い死に喜びを見るカンタータキリスト教って見方によれば厭世的なところがある。仏教はもっとはっきり四苦八苦→生老病死、人生は苦しみという事から出発するからスッキリわかりやすい。

BWV190は新年カンタータ、断片しか楽譜が残っておらず復元して演奏されているが祝祭的名曲。でも、今年もキリストいのち、キリストによってのみ喜びがあるというのは少々納得しかねる。そのうち遠藤周作「深い河」を読むのでこのあたり何か発見期待。

喜びや希望は生きていればこそ。死に喜びを見いだす境地には絶望的に遠いなあ。

f:id:doyoubi92724169:20170414060219j:image