読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

ヨハネ受難曲とマーラー復活

f:id:doyoubi92724169:20170315055913j:image

土曜日のライブに向けてヨハネ受難曲リマインド並びに聴き比べ→今朝は昨日見つけたガーディナー

リヒターの気迫、BCJの静謐と敢えてレッテルを貼るとガーディナーはロマンになるのかなあ。アマゾンのレビューを見るとテンポが速いとあったが全然気づかず。じっくり聴かせてくれた。通奏低音チェンバロではなくリュートというのがまた違った風味。

ところで運転BGMでFM録音メータ×ウィーンフィル復活マーラーを切れぎれに聴いていたのだが、復活は私の音楽、受難曲は私たちの音楽とレッテルを貼れる。
復活を聴くと昂揚感、もっと言うとアジテートされているのが心地よい。受難曲はその正反対→いつか無くなる私。その手本を示してくれたのがイエス。なにせ「成し遂げられた」が最期の言葉なのだから。

復活好きやねん、死ぬのは嫌い。そして、バッハは覚悟の練習。


アントニー・ロルフ・ジョンソン(福音史家、テノール
スティーヴン・ヴァーコー(イエス、バス)
コルネリウスハウプトマン(アリア/ピラト、バス)
モンテヴェルディ合唱団
ソリスト
ナンシー・アージェンタ、ルース・ホールトン(ソプラノ)
マイケル・チャンス(カウンターテノール
ニール・アーチャー、ルーフス・ミュラーテノール
ギリアン・ロス(下女、ソプラノ)
アンドリュー・マーガットロイド、ニコラス・ロバートソン(下僕、テノール
サイモン・バーチャル(ペテロ、バス)
イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
ソリスト:リサ・ベズノシューク、ガイ・ウィリアムズ(フルート)
アントニー・ロブソン、ヴァレリー・ダーク(オーボエ
リチャード・エール(オーボエ・ダ・カッチャ)
ロイ・グッドマン、パヴロ・ベズノシューク(ヴィオラ・ダ・モーレ)
リチャード・キャンベル(ヴィオラ・ダ・ガンパ)
通奏低音
ティモシー・メイソン(チェロ)
ヴァレリー・ボートライト(コントラバス
ヤーコブ・リンドベルイ(リュート
アラステア・ロス、ポール・ニコルソン(オルガン)
オリジナル楽器による
指揮:ジョン・エリオット・ガーディナー

録音:1986年3月 ロンドン