読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷日記

「天井桟敷からの風景」姉妹版

何かのために犠牲になることを 喜ぶ

0235日本音楽コンクール作曲部門80.9/133ー75薬効いたあ。

「アルト・ラプソディー」サラ・ミンガルド×アンドリス・ネルソンス。歌詞の意味がいまいち胸に落ちない。正式曲名は『ゲーテの「冬のハルツの旅」によるラプソディ』だそうな。

WOWOW映画「バックコーラスの歌姫たち」ストーリーという程のものはなく、途中からBGM鑑賞。

ヴェイユ読了。たまたま「加賀乙彦 キリスト教」でググって見つけた加賀の次の言葉をもって感想に代える。

 

一つ確かなことは、キリスト者になると いうことはキリストの真似をする。人のために何かを尽くす。献身をするという ことが楽しい。だからマザー・テレサは、ほんとに普通の人から考えたら汚れ仕 事を一生懸命にやって、あれがマザー・テレサにとって喜びだったからやったん で、すべてのキリスト者は、人のために尽くす。何かのために犠牲になることを 喜ぶ。そういうキリストに対する信仰なんですよ。キリストのような人間に私も なりたいという、そういうなんか一歩なんです。それが洗礼を受けるという行為 なんです。

プール後血圧137ー78。朝起きぬけと変わらず/運動してもこれ以上下がらぬということか。ジョナサン。聖蹟定番1200床屋。

加賀乙彦「キリスト教への道」薄い本だったので短時間読了。収穫は死刑囚正田昭を知ったこと。正田昭ウィキより引用。

作家・精神科医の加賀乙彦は獄中の正田との交流や関係者との接触に基づき、1979年1月に正田をモデルとした小説『宣告』を発表している。のちに加賀は、正田について、「私は正田昭からキリスト教を学んだと言えるでしょう」、「不思議なことでした。死刑囚からキリスト教を教わり、そして信者になる。まさに私の恩人の一人」と発言している(門脇佳吉との対談、中央公論2014年1月号)。

ボエーム暗記努力に倦んでフィガロ練習したら知り合い来宅/しばし歓談したら練習意欲喪失→「サタデーナイトフィーバー」なかなかの青春映画ではないか。

f:id:doyoubi92724169:20141217175232j:plain

映画「バックコーラスの歌姫たち」公式サイト


サタデー・ナイト・フィーバー [DVD] - Amazon.co.jp DVD・ブルーレイ | ジョン・トラボルタ, カレン・リン・ゴーニイ, ジョン・バンダム